「一人暮らしもしてみたいし、僻地勤務の希望を出してみようかなって気持ちもありま結婚はしたいが、やみくもに勧められても、逆に逃げ出したくなると笑う。「もう両親がすごいんですよ。見合い写真は山のように来るし、結婚相談所に登録するよって。そんなに言われたら、結婚は父と母のためにするのかって気持ちになっちゃうでしょう。結婚しないと一人前扱いされないっていうか、結婚もできんのかつて責められてる気がして……、保守的ですよ、田舎は結婚も早いし……。教師という仕事の中では、未婚の女の先生は多いんです。やってみるとけつこう激務だが、経済的には男と変わらないから自立できる。
でも、教師としては立派だと尊敬されていても、結婚しないと一人前扱いされないっていうか……。古い人には〃結婚もせずに……〃って言われちゃうようなところはある」大学時代の友人も全員結婚しているというから、父母がうるさく言うのもうなずける。「一回だけお見合いはしたんです。でも、やっぱり見合いってこんな人がするんだ……っていうような感じだった。やっぱり信仰心というか、そういう心がしみついてるから、感謝とかいった言葉を口に出しても受け入れてくれるような感性のある人、やさしい人がいいなと思うんですよ。素敵な結婚相手を見つけても結婚後に問題は発生した場合、ここに書いてあるように意外と改善に手間がかかります。気を付けましょう。
「一対一で向かい合うのに慣れていないのかもしれない……。大学に入るまで、男の子が嫌いだったんですよ。

出典:安心出来る 出会系
FF089_L