結婚はすごくしたい

「結婚はすごくしたいって思うんですよ。結婚って、ぜんぜん知らない新しい世界じゃないですか。好奇心もあります。甘い生活をしたいとかいうわけじゃないんです。
結婚することで、また違う人生も磨いていけるかなっていうか……。一人じゃ寂しいときもあるしね。でも、最近振られたばっかりだし、まだまだ遠いかな」
松村時子さんは、故郷の愛媛県で教師をしている。現在二十六歳。地元の高校を卒業後、英語の教師になるべく広島の国立大学に入学した。
初めは大学に行くならいわゆる文学部っていうんじゃなくて、何かプロフェッショナルやな資格をとりたいなと思ったんです。
それで文系なら先生かなって……。これからは教育かなって気持ちがあったんでしょうね。
英語なら潰しがきくだろうから英語にしとこうって感じでした」実家を出てみたいという気持ちもあったが、都会へ行くのは恐怖心があった。東京や大阪に憧れもなかったという。
「今でも怖いんですよ。人が多いし……」周りを見回しながら、そういってケラケラ笑う。斜にかまえたところがないので、実際の年齢よりはずいぶん幼い感じがする。
大学で四年間勉強したものの、英語を話す能力にまだ満足がいかなかった。教師としてやっていく自信がつかず、一般企業への就職も考えたという。●レバー、ほうれん草など鉄分
の多い食べものをとりましょう
けれど、結局就職試験には落ちてしまい、教師として県内の中学校に仮採用で勤めるようになる。


出典:
FF080_L

他人を好きになれるか

これだけ〃話せる英語が大切〃と言われる中で、やはりもっと英語を話す実力をつけたかったという。
「最終的にはやっぱり教師の道に進むべきだなって思いがでてきました。私の家は信仰を持っているんですね。
だから子供のころから愛や誠の大切さとか、そういったことが自然と体にしみついてるんです。
そんな影響で、自分の中ではいつも向上していこうというように自己変革を求めるところがあって、
教師になって子供たちを変えていく、何かを伝えていくっていうことは大切だなという気持ちがあったんです。
だから、教師というポジションは責任ある大切な仕事で、自分がそれを背負いたいなって気持ちがあったんだと思いますよ。」
仮採用食事療法だけで鉄分を補うのはむず
で初めて出会った生徒たちは、今でも忘れられないほど「スペシャル」だったと目を輝かす。
そして、その体験をきっかけに、一年間カナダに語学留学することになったのだ。

「こんなに他人を好きになれるかっていうほどかわいくて、彼ら彼女らに本当に何かを伝えたい、役に立ちたいって思ったんです。
でも自分にはまだまだ実力がない、生徒たちに身に付けてあげられるようなものが何もないと思いました。
これからも教員を続けてたらきっとこういう出会いはあるだろうけど、そのときに何か伝えられるものがあるだろうかって考えたんです。」
恋愛と結婚は違うところが多いですので、素敵なパートナーをよく見極めましょう。

出典:結婚相談所 選び方
FF062_L

ピュアな思い

「本当のところは、自分が生徒たちに追いつかれたくなかったんですよね。高校に入って、
大学に入って、ハイティーンのキラッキラッした時期じゃないですか。すごく刺激を与えてもらったと思う。あの子たちは自分をいつも先生、先生って呼ぶけど、自分にとってはあの子たちが先生だなって・・・」「赤面するようなピュアな思いだった」と照れて笑うが、一言かしいので、鉄剤を飲みます。しかし
鉄剤はとても飲みにくく、飲むと吐き
気、胃痛、便秘あるいは下痢がおこる一言一生懸命に話す彼女の目を見ていると、そのドキドキが伝わってくる。結局、次の年の本採用の試験に受からなかったこともあって、一から話す実力を付けようとカナダへ語学留学したわけです。「楽しかったけど、これで本当に実力が付くんだろうかって、焦りも大きかった。私にしたら、カナダでの友だちはみんな年下だし、同じ年の友だちは、すでに日本で社会人としてキャリアを積んでるわけでしょう。今、カナダで遊んでいる友だちはライバルじゃない、日本でいっしょに卒業した友だちがライバルなんだって自分に言い聞かせたりして・・・。帰っても今度は絶対教員試験にすべれないってプレッシャーもすごかったです」結果的には満足がいくだけの成果はあった。帰国後、試験にも合格し、無事本採用の教師としてスタートしたわけだが、職場内の人間関係がうまくいかず、最初の一年は前途多難という感じだった。コミュニケーションは非常に大切なのです。

出典:出会い系 サクラいない
FF082_L

追い詰められたって思い

「自分では正採用なんだから学生気分ではいられないって自覚があって、それが気負いになってしまったのか、新しいことにチャレンジしようとしても周りの教師の協力も得られないし、がんばってもがんばっても、それが逆にマイナス評価になってしまって、だんだん自分が萎縮してしまったんです」あとで思えば根回しがヘタだったという程度のことなのだという。一年目の職場でだれもがそんなにうまく立ち回れるわけがない。が、彼女にとっては仕事をやめるかやめないか考えるくらいのきつい一年だったようだ。「やる気も大きかっただけに、追い詰められたって思いが大きかったんだと思います。結局カウンセリングを受けて、立ち直ったんです。自分の人間関係の問題なのに、最後には何の関係もない子供たちにも愛情を持てなくなってきちゃったから、もう続けられないんじゃないかって言ったら、医者は患者が好きで治すのか、医者は命を見つめているんだからって言われて、そうか教師だって教育を見つめなきやって、それで踏みとどまる気になりました」今年は、心から話せる先生が一人入ってきた。そんなこともあって、少しずつ立ち直りつつあるようだ。とはいえ、五年後の自分はなかなか想像がつかないという。コミュニケーションがうまくいかない夫婦はこのように関係修復に時間と手間がかかりますので、相性がピッタリの相手と出会えば夫婦間の問題は起こりにくいか、起こっても解決はこんなに大変ではないでしょう。

参考:
FF056_L

友人も全員結婚

「一人暮らしもしてみたいし、僻地勤務の希望を出してみようかなって気持ちもありま結婚はしたいが、やみくもに勧められても、逆に逃げ出したくなると笑う。「もう両親がすごいんですよ。見合い写真は山のように来るし、結婚相談所に登録するよって。そんなに言われたら、結婚は父と母のためにするのかって気持ちになっちゃうでしょう。結婚しないと一人前扱いされないっていうか、結婚もできんのかつて責められてる気がして……、保守的ですよ、田舎は結婚も早いし……。教師という仕事の中では、未婚の女の先生は多いんです。やってみるとけつこう激務だが、経済的には男と変わらないから自立できる。
でも、教師としては立派だと尊敬されていても、結婚しないと一人前扱いされないっていうか……。古い人には〃結婚もせずに……〃って言われちゃうようなところはある」大学時代の友人も全員結婚しているというから、父母がうるさく言うのもうなずける。「一回だけお見合いはしたんです。でも、やっぱり見合いってこんな人がするんだ……っていうような感じだった。やっぱり信仰心というか、そういう心がしみついてるから、感謝とかいった言葉を口に出しても受け入れてくれるような感性のある人、やさしい人がいいなと思うんですよ。素敵な結婚相手を見つけても結婚後に問題は発生した場合、ここに書いてあるように意外と改善に手間がかかります。気を付けましょう。
「一対一で向かい合うのに慣れていないのかもしれない……。大学に入るまで、男の子が嫌いだったんですよ。

出典:出会いがない 社会人
FF089_L